嫌がるギャルに立ちバックで肉棒を挿入

【内容】
ブィーンと電マの音が響くスーパーの事務所。椅子に座らされ、おま◯こに固定された電マが容赦なく振動を与える。後輩クンは感じ続けるギャルの鎖骨や乳首に優しくチュパチュパと愛撫を続ける。切なげに「だめ…あぁ、イっちゃう」そう言って果てるギャルは、大量にお漏らししてしまった。まだ電マはOFFにしてもらえずイき続けるギャル。ゆっくりと拘束を解き、後輩クンは立ち上がり、事務所の机に手をつかせて立ちバックでギャルのおま◯こをグチュグチュと堪能し始める。

ギャルを電マで攻める 嫌がるギャルに立ちバックで肉棒を挿入 ギャルに無理やり精子注入

おすすめの記事